カードローン 審査

何が必要?カードローン審査の必要書類

カードローン審査には提出書類が必要になります。
融資の審査になりますから、やはり提出する書類は多かったりするのでは…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に、カードローン審査で必ず必要となる提出書類は運転免許証などの「本人確認書類」です。

 

え?それだけ?と思われるかもしれませんが、ほとんどの消費者金融などカードローンでは本人確認書類があればお金を借りることができます。
本人確認書類には運転免許証のほか、以下のようなものが挙げられます。

 

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード など

 

本人確認書類は運転免許証や健康保険証を利用する方がほとんどになると思いますが、どちらも普段からお財布に入れるなどして持ち歩いていることが多いものですし、急にお金が必要になったときでもすぐに用意することができるものだと思います。

 

ただし、借入する金額によっては本人確認書類以外にも必要となる書類があります
それは「収入証明書」です。

 

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分や併せて1年分の賞与明細書の提出など、各社によって異なる)など

 

収入証明書は本人の収入を証明する書類ですが、見てわかる通りこの収入証明書は本人確認書類と比べますとすぐに用意できないものばかりです。
例えば即日融資を希望していて収入証明書の提出が必要になったとき、必要書類を揃えられなくては融資を受けることができません。

 

用意できるのであれば何も問題ありませんが、用意できない場合には収入証明書の必要がない借入を考えなくてはなりません。

 

収入証明書の提出は、消費者金融やクレジットカード会社など貸金業者の場合、総量規制において以下のように提出することが定められています。

 

  • 1社で50万円を超えるような借入の場合
  • 複数の貸金業者からあわせて100万円を超えるような借入の場合

 

逆に言えば、この金額に満たない借入であれば、ローン会社側から求められない限り収入証明書を提出しなくて済みます。
また、銀行カードローンの場合には、収入証明書の提出は法的な義務づけがされておらず各社で「100万円を超えた場合〜」などと定めています。

 

もし収入証明書の用意ができずに高額な借入を希望するというのであれば、銀行カードローンを検討してみるという手もあります。