カードローン 審査

61日以上の延滞があるとカードローン審査に落ちる?

カードローンの取引履歴は細かく信用情報機関に記録されています。
支払い状況に関する情報として入金履歴も残りますので、もしカードローンの返済が1日でも遅れてしまいますと信用情報にその情報は記録されてしまい、遅れた日数分遅延損害金を支払うこととなります。

 

しかし、うっかり支払日を忘れてしまったりといった初期延滞は非常に多くあるケースで、そうしたちょっとした遅れの場合信用情報に情報としては載っていても共有化されている情報ではありませんのでそれほど影響はありません

 

カードローン審査に大きく影響してくるのは、信用情報に傷が付くと言われるような延滞をした場合です。
よく「金融事故」や「ブラックリストに載る」といった表現をされますが、これは信用情報に『異動』と記録がつく状態を指します。

 

信用情報に『異動』がつくのは以下のような延滞事故を起こした場合です。

 

  • 約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払いが延滞しているもの
  • 保証委託契約について、原契約が期限の利益を損失したことに基づき保証契約を履行した場合
  • 裁判所が破産宣告をしたもの(破産手続き開始)

 

異動がつきますとその情報は信用情報機関の間で共有化されるため、その情報が保有されている間は審査に落ちる状況が続きます。
情報の保有期間は信用情報の種類によって決まっていて、異動情報の場合には5年間はこの情報が消えません。

 

つまり、5年の間は審査に通りにくい状況が続くということになります。
ちなみに、自己破産の場合には情報の保有期間は最長10年となります。

 

61日というと、2ヶ月を超えたくらいです。
うっかりしているとそのくらい経ってしまうこともあるかもしれません。

 

また延滞が長期でなくとも、頻繁に遅延がある場合に信用情報に記載されてしまうケースもあるようです。
金融機関からの信用を失ってしまいますと、思いのほか長期間その影響を受け続けることになります。

 

返済の遅れを軽く考えず、借りたお金はしっかりと期日通りに返済するよう心がけましょう。