カードローン 審査

1ヶ月に3社以上の申込をするとカードローン審査落ちする?

カードローン審査に落ちる要因として、短期間に3社以上の申込をした場合といったことが言われていますが、なぜなのでしょうか?
例えば申込をしたものの審査に落ちてしまうことが3社続いてしまったり、またどうしても即日で借りたいからと保険として何社か同時に申込をしたりといったことはよくありそうですよね。

 

なぜ短期間に複数の申込は審査でNGとされるのでしょうか?
例えば自分が人にお金を貸すとして、

 

A 自分一人にだけお金を貸して欲しいと言って来た場合
B 自分を含めていろいろな人にお金を貸して欲しいと言っている場合

 

どちらのほうが信用がありますか?
あるいはどちらのほうが借りたお金をきちんと返してくれそうですか?と聞かれたら、後者を選ぶ方はあまりいないのではないでしょうか。

 

後者はいろいろな人に対して借金をしようとしているため、お金に困っているといった印象を受けますよね。
カードローン会社からみてもこうした人はお金に困っている=貸し倒れリスクの高い人とみなします。

 

信用情報期間にはローンやクレジットなどの取引履歴が保有されていますが、そのなかに申込情報も含まれています。
ローンなどの申込は、契約をしていなくても申込をしただけで半年間その情報が保有されているのです。

 

そのため、短期間に複数社、まして同時期に複数社申込をしている方というのは警戒されやすく、一定期間に一定以上の申込履歴が信用情報で確認されますとそれだけで審査落ちする状態に陥ってしまうのです。

 

しかしカードローン審査の基準は各社によって異なります。
1ヶ月に3社以上でNGというところもあれば、情報の保有期間である半年間で3社というところもあるようです。

 

とはいえやはり対策としては、複数のローンに申込をしないようにすることです。

審査落ちしてしまったら次はもう少し審査の通りやすいカードローンに申込をする、低金利なローンは審査が厳しいからはじめの1社だけにする、など、なるべく審査に落ちないような申込をするようにしましょう